保証会社と契約する事で賃貸物件の選択肢が大幅に増加

サイトマップ
握手

連帯保証人のあてがなさそうなら保証会社の利用を検討しよう

賃貸の部屋

就職を機に一人暮らしを始めることになったら、賃貸物件を探す際に、住んでみたいエリア、通勤に便利なところ、払える家賃といった条件を設定して物件検索する人は多いでしょう。しかし、設定した諸条件を満たすいい賃貸物件が見つかっても、連帯保証人を確保できるあてがない場合、賃貸契約の段階で躓いてしまう可能性が高いです。
最近は、諸事情から連帯保証人を見つけるのが難しい借主も多いため、不動産業者の方でも、保証会社を利用できる賃貸物件を数多く紹介しています。連帯保証人の確保が確実に出来るとは言えない状況なら、是非、保証会社に家賃債務保証してもらうことで入居可能な賃貸物件を優先的に探してみることをおすすめします。
大手の賃貸情報サイトであれば、検索の際に指定できる条件として、連隊保証人不要という項目を選択できるようになっています。特に賃貸情報サイトなど使わず、暮らしたい街にある不動産業者店舗に相談に行く予定の人もいるでしょう。そんな場合は、お店で希望条件を述べる際に、保証会社を使って賃貸契約できるところを探している旨、最初から明らかにしておくといいでしょう。その方が、不動産業者としても効率よく物件の紹介が出来て好都合です。

賃貸契約で血縁を頼れないなら保証会社を活用するのがおすすめ

賃貸契約における家賃債務保証というのは、借主が家賃滞納してしまった場合に代わりに支払う責任を負うことですので、決して軽いものとは言えません。この責務を担うのが連帯保証人で、その責任の重さから、多くの人は血縁の誰かにこの役を引き受けてくれるように依頼します。
しかし、最近は核家族化が進んで、こうしたお願いが出来る血縁の数そのものが減ってしまい、連帯保証人を誰にも頼めない人も少なくありません。これは、必ずしも借主にとってだけ不都合な事態ではありません。貸主にしても、家賃は払えるけれど連帯保証人がいない人に賃貸物件を貸さないことにしてしまうと、深刻な収益ダウンを招く恐れが十分にあるのです。
そこで最近は、保証会社を利用すれば賃貸物件を借りられる場合が増えてきました。身内、血縁が誰もいなくても、保証料を支払って保証会社に家賃債務保証をしてもらえれば、その賃貸物件に入居することが可能なのです。連帯保証人を頼むのに費用はかからないのに、保証会社を使うのに保証料負担が発生することに不服な人もいるかもしれません。しかし、人探しに比べれば、費用を負担するだけで済むというのは、十分有難いソリューションと考える方がいいでしょう。

外国の方で連帯保証人を見つけにくい場合は保証会社を使おう

巷にどれだけ沢山の賃貸物件があっても、連帯保証人を見つけられないためにそのメリットを享受できない立場の人も大勢います。典型的なのは高齢者と外国人です。高齢者の場合、身内に先立たれて連帯保証人を依頼できる血縁がいないことは珍しくありませんし、外国人の場合は、家族は故国にいるケースが大半です。
しかし、近年は、不動産を貸し出す立場としても、一定以上の人数存在するこうした潜在顧客に対して賃貸物件を借りるチャンスを閉ざしてしまうことは、無視できない規模の損失になりかねません。そのため、保証会社を利用して、連帯保証人に代わって家賃債務保証してもらうという仕組みが積極的に活用されるようになってきています。
保証会社の利用にあたっては、二つの点を押さえておくといいでしょう。一つは、保証料の支払いです。保証会社は、家賃債務保証をビジネスとして行っているため、そのサービス利用の料金として保証料の支払いが発生します。もう一点は、審査に関してです。保証会社を使うにも、過去、家賃滞納の履歴がないかどうか等、簡単な審査をクリアする必要があります。その点特に問題がないようであれば、保証会社が使える賃貸物件なら難なく入居することが出来るでしょう。

  • 笑顔の女性

    身内に連帯保証人を頼めないなら保証会社を利用できる物件を選ぼう

    いずれは家を買おうと考えてはいるものの、当分の間、十分な資金がたまるまでは賃貸を利用する心づもりの方は沢山いるでしょう。賃貸物件の入居契約では、借り手が家賃滞納した場合に備えて連帯保証人を立てる…

    more
  • 新築のアパート

    誰にも連帯保証人を頼めなくても保証会社を使える賃貸なら借りられる

    賃貸マンションに入居する際、その物件の月々の家賃を払うに足る十分な収入があることが条件になります。これは、安定的にある程度の収入を得ている人にとっては、大きな問題ではないでしょう。しかし、人によ…

    more
TOP