保証会社と契約する事で賃貸物件の選択肢が大幅に増加

サイトマップ
握手

保証会社を利用すれば賃貸契約可能な物件も沢山ある

賃室賃貸借契約書

賃貸マンションに入居出来る前提条件として、従来は、家賃を問題なく支払えるだけの収入と連帯保証人の二つが必須でした。しかし、最近は、後者の条件に関しては、必ずしも絶対に必要とは言えない状況に変化してきています。つまり、連帯保証人がいなくとも、十分な経済力さえあれば、問題なく賃貸マンションを借りられる場合が増えているのです。
これは、保証会社を利用できる賃貸物件が増加したことによるものです。連帯保証人が必要とされる理由は、主として家賃債務保証のためでした。不動産の貸主としては、この責務を誰かに負ってさえもらえれば、それが特定の個人でなければならない理由はありません。近年、様々な事情から連帯保証人を誰にも頼めず困っている人は多く、そうした事情もあって保証会社を使って入居可能な賃貸マンションが人気を集めるようになってきたのです。
保証会社活用の際には、事前に簡単な審査をクリアする必要があります。また、審査をクリアして入居できることになったら、その後は保証会社のサービス利用代金として、家賃の他に保証料を払わなければなりません。従って、家賃を基準に物件選びをする場合、保証料も含めた金額で家探しをするように気を付けましょう。

  • 笑顔の女性

    身内に連帯保証人を頼めないなら保証会社を利用できる物件を選ぼう

    いずれは家を買おうと考えてはいるものの、当分の間、十分な資金がたまるまでは賃貸を利用する心づもりの方は沢山いるでしょう。賃貸物件の入居契約では、借り手が家賃滞納した場合に備えて連帯保証人を立てる…

    more
  • 新築のアパート

    誰にも連帯保証人を頼めなくても保証会社を使える賃貸なら借りられる

    賃貸マンションに入居する際、その物件の月々の家賃を払うに足る十分な収入があることが条件になります。これは、安定的にある程度の収入を得ている人にとっては、大きな問題ではないでしょう。しかし、人によ…

    more
TOP